社会保険料適正化

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`newsing` not found]
[`buzzurl` not found]

社会保険料適正化(削減)プラン

今後、会社が負担する社会保険料の割合は、毎年毎年、増加していきます!
だから社会保険料節減を目的として役員報酬適正化の対策を取らなければなりません。

その対策方法を無料で教えます!!

社会保険料を削減すべき理由!

現在の傾向では、法人税の減税と所得税の増税の影響から、会社の利益をゼロにして目一杯役員報酬を取るという方法は有効ではなくなってしまいました。なぜなら個人所得税のほうが課税が重くなったからです。また同時に毎年増加する社会保険料ものしかかってきます。

そこで御紹介するのが、法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減して手元に残るキャッシュを増やす方法です!!

社会保険料は110年後に13倍になる?

厚生年金保険料率は、毎年引上げられることがすでに決まっており。2017年度には18.3%(労使折半で負担)にもなります。

将来は、社会保険料の事業主負担額は人件費の約18%にもなると言われています。

ここにショッキングなニュースがあります。

実は消費税増税に隠れて
平成26年4月から社会保険料もひそかに
アップしているのです。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/1995-298
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h26/260220

そのことをご存知でしたか?
平成26年10月納付分から
厚生年金保険料率は従来の17.120%から
「17.474%」に引き上げられます。

そして、その後は平成29年まで毎年アップ続け、
最終的には「18.300%」になることが確定しています。

ここまでは既定路線です。

が、しかし、多くの方が知らない、
あるいは気付いていない事実があります。

それは、すでに平成26年4月納付分より
介護保険料率が従来の1.55%から「1.72%」へ
引き上げられている、ということです。

加えて、現状の健保財政を考えると、
今後は健康保険料率も「上限12%」に引き上げられそうです。

そうなれば、どうなるか?
いよいよ“社会保険料33%時代”の到来です。
今後、「見えない増税」が行われる見込みです。厚生労働省の推計によると、厚生年金や医療費などが膨らみ、今後は社会保険料が大きく上昇する見通しだというのです。2025年度の社会保険料は現在より15%強も増え、年収の3割を超えると予測されています。

負担増が話題になる「増税」と異なり、自動的に給与天引きされる社会保険料の上昇は「見えない増税」といえます。

  • 社会保険料はバカにならない

現在(平成19年6月時点)役員報酬額が120万円/月の社長の場合、平成19年度の所得

税と住民税を合計した税額が277万円/年になるのに比較して、会社負担分も含めた社会

保険料額も税金負担額と大差のない246万円/年となります。

高額所得者の負担が大きいと言われている税負担と変わらない大きな負担となってい

るのが社会保険料負担の現状で、今後更にその負担が増加することになります。

 

税負担:277万円 会社分も含めた社会保険料負担:246万円
●所得税 1,759,700円 ●厚生年金保険料=557,870円*
●住民税 1,010,100円 ●健康保険料=595,320円*
●介護保険料=72,320円*

                  *は被保険者負担分

※平成19年の試算額

※40歳以上のケース

※配偶者控除のみを考慮

 

  • 今後ますます増大する社会保険料負担

①厚生年金保険料は今より約25%アップ

毎年0.359%%上昇で平成299年には18.3%まで引き上げ予定

14.642%)

②健康保険の標準報酬等級の上限改定で保険料アップ

今まで標準報酬月額9988万円が上限であつたものが、1211万円まで44段階等級を上げる。

役員報酬1200万円の社長の場含、年間約22万円のアップ

982007年3月以前0,000980,000円X×82/1000=80,3608円 (年間9964,320円))

1,2007年4月以降  1,210,000円×82/1000=99,2200円((年間11,190,640円 ))

③健康保険料率が110%までアップ?

平成22年11月の政府管掌健康保険の公法人化で現在88.2%.2%の健康保険料率が最大110%まで設定可能

 

そこで今回御紹介したいのが、オーナー経営者の社会保険料を「最大効果」で削減するスキームです。

 

このスキームのメリットは大きく7つです。

  • オーナー企業なら即実行可能!

⇒ 決算月などに影響されず、すぐにでも実行可能なスキームです。

  • 面倒な手続きナシ!

⇒ 賃金台帳の記載方法を変えるだけです。

  • 法人の財務状況関係なし!

⇒ 赤字でも黒字でも効果の出るスキームです。(※財務諸表が読めなくてもOKです)

  • 合法プランです!

⇒ 社会保険事務所に確認を取っております。(※税務署は関係なし)

  • 削減効果が大きい!

⇒人によっては数年で8桁の手元キャッシュ増加が可能です。

  • 仕組みの自由度が高い!

⇒ちなみに、「役員報酬を減額しその分を退職金に回すことで、結果として社会保険料が削減できますよ!」といった誰でも知っているような提案プランではありません。繰り返しますが、法人と個人の支出は1円も変えず、社会保険料だけを劇的に削減するプランです。おそらくはあなたが初めて耳にする提案手法でしょう。法人保険のプロはもちろん、社会保険の専門家である社会保険労務士でさえ、ほぼ知らないスキームだからです。

しかし、知られていないだけで、このスキームは「社会保険料の削減」という点で大きな効果を生み出します。法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減して手元に残るキャッシュを8桁増やす方法なのです。

社会保険料を削減するために、役員報酬を改定する必要はありませんし、追加支出としての保険料を支払う必要もありません。多分、あなたの目から何枚もの「ウロコ」を落とすことになるはずです。

 

負担増が話題になる「増税」と異なり、自動的に給与天引きされる社会保険料の上昇は「見えない増税」といえます。このような状況の中で、本スキームをマスターしたあなたはオーナー経営者に次のように提案するわけです。それでもまだ、、、

このまま何の対策も打たず毎年アップする

社会保険料を払い続けますか?

今も昔も、多くの中小企業が少しでもキャッシュアウトを抑えようと積極的に「節税」に取り組んでいます。 ところが、社会保険料の「削減」となると、知識不足で具体的な対策を講じないまま、義務感のみで支払い続けている企業が多いのが実情です。

しかし、オーナー経営者にとっては、法人と個人の社会保険料を合算すると、実は税金に匹敵する(場合によってはそれ以上)の負担なのです。さらに、法人税は利益次第で決まるので赤字ならば課税対象外になりますが、社会保険料は利益とは関係なく、たとえ赤字でも負担しなければならない制度です。

加えて、今後の社会保険料は毎年アップし続けます。
平成29年度まで「毎年」です。

ということは、です。
このまま何の対策も講じなければ、仮に売上がこれまでと同じでも、残る利益の額(会社とオーナー経営者の手元に残るキャッシュ)は年々逓減し続けてしまうわけです。これでは日頃の経営努力も報われません。

率直に申し上げて、現行の社会保険は保険料を払えば払うほど、割を食う仕組みになっています。民間の保険商品であれば当然、保険料に見合う給付内容を受けられますが、こと社会保険に限っては、これとは真逆の事態になっています。つまり、、、

 

社会保険料の負担が大きければ大きいほど・・・

それに見合う給付が受けられない

 

という制度矛盾です。従って、会社経営のキャッシュフロー改善のためにも、保険料負担に見合う給付内容を受けられないオーナー経営者のためにも、できるだけ早い段階で、社会保険料対策をすすめることが有効なのです。

ここでご紹介するスキームはオーナー経営者のためのものです。

通常、社会保険料の削減といえば、社会保険労務士の事業領域です。ところが、ぶっちゃけ、彼らの削減プランは限定的で、ある程度の規模の会社(従業員数が多い)でないと、企業のキャッシュフローに劇的なインパクトを生み出せず、それでいて実行するのが面倒なものばかり、というのが実情です。

例えば、社会保険料削減のノウハウ本(社労士が執筆)には次のような方法が書かれています。

 

・従業員の退社日を末日より1日早める
・昇給月を7月にする
・交通費の支払い方法を工夫する
・借り上げ社宅制度を導入する
・従業員の給与を年棒制にする
・業務請負制度を導入する

・・・etc

率直にいって、経営者としては「そんなこと知ってるよ!」というものが多いのが実情です。たしかに、ひとつひとつを実行すれば、多少の社会保険料の削減につながるでしょう。

けれど、それらの対策を知ったところで、「へェ~」とは思うかもしれませんが、たいていの経営者は実行に移すことはないはずです。というのも、オーナー経営者(僕も含めて)という生き物はいつだって次のことを両天秤にかけているからです。

 

時間・労力>効果

 

で、その結果はどうなるかというと、「忙しいから今回はパス!」となってしまうのです。こうして多くのオーナー経営者はズルズルと社会保険料を削減できずにいます。

誤解しないでください。「社会保険労務士がどうだこうだ」と言っているわけではないのです。「もったいない」と言っているのです。社会保険労務士にしても、保険営業マンにしても、たいていは自分の業務領域で顧客の問題を解決しようとします。それは当然のことでもあります。

しかし、そうなってしまうと、周辺領域の知識を積極的に吸収し、それを自身の業務に活かすという発想に至らず、自身の業務領域でのみ問題を解決しようとするので、結果として「限定的な解決方法しか提案できない」となってしまうのです。

その点、ここでご紹介するスキームを知ったあなたは違います。

 

法人と個人の支出は1円も変えずに社会保険料だけ「一気」に大幅削減節減できる仕組みなのです!!

 

皆様はこの仕組みを身に付けることができるからです。

社長様、本スキームは法人と社長の支出は1円も変えず、合法的に、社会保険料だけ削減して、数年後には法人と社長の手元に残るキャッシュをうまくすると最大で一千万円単位で増やすことができる方法です。しかも、その方法は社長の役員報酬を変更するなどの面倒な手続きは一切ナシです。

さらに、その方法で削減したキャッシュで数年後に「非課税」で社長個人が受取れます。

シニア向け役員報酬適正化プラン

60歳以上の経営者・役員は、年収が高いために、年金の受給額が大きく変わってしまいます。それどころか、年金そのものが“掛け捨て”になってしまうのです。総額2,000万円以上も掛け捨てとなるのです。しかし、多くの経営者は、そのことを知らずにいるか、年金制度について誤った認識をもっています。たとえば・・・
・65歳前に受け取ると年金受給額が減額される
・老齢厚生年金は繰り下げるとより多く受給できる
・70歳以上で受給開始すると、年金を満額受給できる

・・・これらはすべて間違っています。

これまでもらえていなかった“在職老齢年金”を年収を変えずに、受け取るプランをご用意しました。

年収を変えずに給与の支払い方法を変えるだけなので、会社・本人もリスクはありません。合法的に社会保険料を削減し、年金を受け取れるようにします!!

メリット

・短期間だけ(5年のみ)の導入でも、即効果を現れます。

・会社のお金を効果的に残すことができます。

・完全に合法なプランなので、心配要らずです。

・退職金を確実に準備できる

 

本スキームは、生年月日により適用されるプランが異なります。専門コンサルタントに御客様の御希望をお聞きして、最適なプランを確実に実行させていただきます。

 

また相談料は無料ですので、お気軽にお問い合わせください!!

 

 

どうすれば、もっとも手取りを増やすことが出来るかを節税アドバイザーに尋ねてください!!
詳しくは「節税アドバイザー」にお聞きくださいませ。
節税アドバイザー 

ここで詳しく具体的な内容をお伝えしたいところなのですが、残念ながら私たちがホームページで公開出来る情報には制約があります。

そこでこの社会保険料適正化の詳細を、一冊のレポートにまとめました。オーナー社長向け社会保険料節減プランのご相談内容をより詳細に解説した小冊子を経営者様限定で贈呈いたします。

社会保険料削減

 「社会保険料節減プラン(A4版)」を無料進呈中です。

 

今すぐこのレポートをご請求ください。
きっと満足していただける最新情報をお届けできると確信しております。

お気軽にお問合せください。

 お問い合わせはこちらをクリック

 

 

Copyright(c) 2012 法人節税なび All Rights Reserved.