相続税対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`newsing` not found]
[`buzzurl` not found]

税理士先生も知らない、保険を使った相続対策!!

まず一般的な生命保険を使った相続税対策を見ていきましょう。

「相続納付資金対策」その1                                             

相続税が発生するのは死亡した時。特に経営者の場合、相続財産の価額が大きく相続税が多額になります。生命保険の最大のメリットは「死亡した場合、即時に保険金という『現金』がご遺族に支払われることです。

節税対策」その2                                                 

相続財産の中で相続税のかからない財産のことを非課税財産と言います。その中の一つが生命保険です。具体的には「死亡保険金500万円×法定相続人数」が非課税財産となるということです。

経営者Aさん、妻、子供2人の4人家族で、Aさんが死亡した場合、法定相続人数はAさんの妻と子供2人で3人になります。この場合500万円×3人=1500万円の死亡保険金分は非課税財産となります。つまり、現預金で1500万円を持っていれば、課税財産になり、死亡保険金1500万円で持っていれば非課税財産になるという事です。

さらに税理士も知らない、合法的な相続・贈与節税対策があります!

え、こんな相続対策があったの?

その方法とは!!

被相続人が払込み、貯めた解約返戻金を、相続人が直接受け取れる方法を教えます①

少しだけ教えますと・・・・

被相続人(例:御両親経営の法人または親)契約でスタートし、被相続人が有利な課税を念頭に入れて、毎年ある一定の保険料を払込み、保険商品にたまっていった解約返戻金を、数年後(例:4~8年後)の予定した時期に最終的には相続人(例:子)が直接受け取ることができる方法です。

財産を受け取る相続人は、相続税評価の最大80%減大きな解約返戻金を受け取ることができます。この方法を活用することにより、税制を加味して効果的に相続をすることが可能となり、有利に相続を行うことができます。

この方法は●●保険にある仕掛けをします。

そしてある時期にある仕掛けを行います。

被相続人が払込み、貯めた解約返戻金を、相続人が直接受け取れる方法を教えます②

これも少しだけ教えますと・・・・

被相続人(例:御両親経営の法人または親個人)契約でスタートし、被相続人が有利な課税を念頭に入れて、毎年ある一定の保険料を払込み、保険商品にたまっていった解約返戻金を、数年後(例:10年後)の予定した時期に最終的には相続人(例:子)が直接受け取ることができる方法です。

被相続人(例:法人または社長)は保険料を払い済み後、1年以内であれば、円で贈与することが出来ます。相続人(例:子)は譲渡後に大きな解約返戻金を受け取ることができます。税制を加味して効果的に相続をすることが可能となり、有利に相続贈与を行うことができます。

また贈与前に社長にもしものことがあれば、1億以上の保険金が支払われますので、万一の会社運営にも万全を期すことが可能となります。

この方法は●●保険にある仕掛けをします。

そしてある時期にある仕掛けを行います。

相続対策においても、このようなアドバイスができるのは当サイトが推奨する精鋭の節税アドバイザーのみです。

詳しくは「節税アドバイザー」にお聞きくださいませ。

節税アドバイザー

節税アドバイザーとは?


日本で数人しかいない法人保険に精通したプロの節税スペシャリストです。
本サイトでご紹介しているスキームを全て実行できるのは、節税スペシャリストだけです。法人節税対策なびより節税スペシャリストをご紹介させていただきます。

御相談の流れ                        

1.メールもしくはTELにてお申込
まずはメールかTELでお問合せください。

2.節税スペシャリストのご紹介
担当する節税スペシャリストより24時間以内にご連絡させていただきます。

3.ニーズの把握。ご説明
まずは、貴社の状況を把握するため、現状や希望をお聞かせください。
貴社に合わせたプランニングをするため、原則面談にてお話を伺わせていただきます。
その後節税方法やシミュレーションについてご説明させていただきます。
ご納得いただけましたら、手続きを進めさせていただきます。

お急ぎの場合、最短1での節税手続きも可能です。

日本全国対応!

こんなお得な情報も聞けます・・・

◇ 法人の利益を少ない税金で経営者個人へ移転できます!
◇ 50%損金の逓増定期をほぼ100%損金にする方法教えます!
◇ 社会保険料はそのままに役員報酬を増やす方法を教えます!

◇無料で医療費を手に入れる方法を教えます!

◇相続対策を低い税率で実行できる方法を教えます!

◇無税で相続・贈与できる方法を教えます!

◇0円で実行できる経費削減する方法を教えます!

きっと満足していただける最新情報をお届けできると確信しております。

お気軽にお問合せください。

 お問い合わせはこちらをクリック

 

Copyright(c) 2012 法人節税なび All Rights Reserved.