社長の節税

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`newsing` not found]
[`buzzurl` not found]

中小企業経営者が避けて通れない問題解決を実現します!

・リーマンショック以降の不安定な経済状況にあいて、今後長期間に渡って、利益を出し続けることが出来るかどうか分からない。

・創業も浅く、業績も安定してきたが、先行きは安泰とはいえない。

・今期たまたま大きく利益が出たので、今期決算に節税を検討しているがどうすればよいかよくわからない。

・現在の保険対策の解約返戻金にピークや満期があり、使途目的の有無に関わらず、その時点で解約(収益として計上)しなければならない⇒現在の保険対策における最大の問題点はピークアウトと出口対策がされていない

単なる課税の繰り延べで終わる危険性

解約返戻金のピークポイントは限られた一時期になり、その時点での使途目的の有無に関わらす解約しなければ、対策効果(投資効果)がどんどんマイナス方向へと向かってしまいます。

しかし、現在の中小企業の立場を考えると、「資金」と「利益」の帳簿外における蓄積の必要性は増すばかりであることは、皆様にも実感・納得のいくところではないでしょうか。

以上のようなことを考えている法人中小企業の経営者は少なくないでしょう。

では、このような課題に対応した決算対策はないものかと私たちは考えました。

私達が中小企業の経営者様に御提案したい本当に必要な唯一の方法を皆様にお届けします。

・3~5年程度で完了する節税スキーム

・実質的にキャッシュアウトしないで節税する方法

・解約時は、状況に応じて、低い税率で課税されるようにすることも念頭にいれる。

・決算対策向け生命保険の保険料の支払いを1~2回で済ませるプラン

(年齢によって、保険料を1回のみにすることが可能)

・解約時の単純返戻率(貯蓄率)が100%の節税保険を御紹介。

・当初想定した期間の保険料を支払えなくなった際、解約せずに解約返戻金をストックするスキーム

・生命保険を払い済みにした場合、収益として課税されずに退職時期まで、期間にとらわれず資産運用する方法etc

・数年支払っただけで、退職時期までストックしておく方法

・全損保険と同じ損金効果を生み出す方法

 1.これまでの生命保険をつかった決算対策イメージ
(ピークに合わせたピンポイント活用が求められる)図①

逓増定期

図①は従来の逓増定期保険の一般的な解約返戻率の推移です。
この場合、7年目のピンポイントで解約しなければ、翌年よりどんどん対
策効果がマイナス方向へ向かうことがご理解いただけると思います。

もちろん、こんなはずではなかったと思われていることでしょう……..

2.これからの生命保険を使った決算対策イメージ
(常に95%以上の解約返戻率を維持)図②

逓増定期2

図②はどうでしょうか?
この場合、対策を採用いただいた5年目以降に至るまで、ずっと95%超の非常

に高い解約返戻率を保ちながら推移していることを示しています。

これならいつでも使えるプランですね!!

低い税率へシフト!!

こんなに都合のよい決算対策があるんですか?

そうです。あるんです!!

通常36%の法人税が掛かりますが、ある仕掛けをすることで税率を最大でも25%以下にすることが可能です。

決算期直前に役員報酬として、損金計上すればよいと思うかもしれませんが、そうすると

個人所得課税が最大50%掛かってしまいます。また、これに伴い社会保険料も翌年から上がってしますかもしれません。

そうならないためにここで少しだけ具体的に仕組みを教えますと

解約返戻金(現金)の解約時の課税は、通常給与として課税される税率の1/2以下となります。これは退職しないにも関わらず、この税率が適用されます。もちろん合法的節税スキームです。

もちろん、赤字決算時には解約返戻金(現金)を益金計上することによって、黒字決算にすることも可能です。その時の状況に応じて、使い分けることが可能です。

また資産運用として活用出来、課税“ゼロ”で受取ることも可能となるプランです。

法人にとっては、100%損金計上効果をあげることができ、

経営者にとっては、役員報酬をあげることなく、手元資金を8ケタ増やすことも可能なのです。

ですが必ず節税アドイバイザーのアドバイスを聞いてから、スキームを御検討ください。誤った使用法は、租税回避行為として、スキームそのものが否認される可能性がございます。

 私たちの持つ問題解決コンテンツ
~採用いただいた対策の活用出口~

◇ 法人の利益を少ない税金で経営者個人へ移転できます!
◇ 50%損金の逓増定期をほぼ100%損金にする方法教えます!
◇ 社会保険料はそのままに役員報酬を増やす方法を教えます!

◇無料で医療費を手に入れる方法を教えます!

◇相続対策を低い税率で実行できる方法を教えます!

◇無税で相続・贈与できる方法を教えます!

◇0円で実行できる経費削減する方法を教えます!

中小企業の恒久的経営を考えると、直面する課題は山積みです。
私達は各分野の専門家のアドバイスを得ながら現行の法律で許される範囲で最大限の効果を皆様にお伝えいたします。
私の使命は経営者の悩める問題を共有することを前提とした最大効果の「問題解決」です。

生命保険を使った決算対策を御検討の方は、無料相談へお問い合わせくださいませ。

より具体的で、貴社にあったスキームを御紹介させていただきます。

現在、会社のお金を残し、手残り額を最大にするレポート(A4判)を無料贈呈しています。

社長の儲かる節税

御希望の方は、下記お問い合わせフォームで御連絡ください。

Copyright(c) 2012 法人節税なび All Rights Reserved.